希望どおりの家にするために注文住宅を選ぶ際はしっかりとご相談

choices article

一戸建て住宅

注文住宅は夢を叶える

注文住宅には夢が詰まっています。これから家を買われる方は建て売り、注文住宅のどちらを考えているでしょうか?建て売りにも良いところがありますが、私は注文住宅をおすすめしたいです。なぜなら、一生に一度に買う家かもしれないので皆さんの思うがままに家を建ててほしいのです。建て売りはもともと建っている住…

more

注文住宅とリフォームについて

一軒家

★希望通りの家にするために注文住宅をしっかりと選ぶ!つくばの注文住宅ならアルルホームズ。設計士紹介料や営業人件費をカットすることで、いい家をより安く提供することが可能です。

注文住宅は建てるのは大変ですし、お金も建売よりもかかってきます。しかしそれに勝る魅力というものがありますし、家と言えば注文住宅が一番理想的だという考えの方も少なくはないでしょう。そのために、将来は住宅は注文住宅にしたいとお考えになっている方、またこれからまさに注文住宅を建てる予定があったり建てている最中であるという方は多いでしょう。そういった方に一つ知っておいて欲しい事がありますので、それをこれから解説致します。
その知っておいて欲しい事というのは、せっかく頑張って納得のいく注文住宅を建てても、その後のメンテナンス次第でその家の寿命や住み易さが決まるという事です。住宅は何十年も劣化せずに新築と同じように保ち続ける事はできません。定期的に色々な部位をメンテナンスリフォームをしないといけませんし、自分も歳をとって体や環境が変わればそれにあわせて家も変えないといけないかもしれません。そういった事を考えると、注文住宅は建てて終わりなのではなくその後にも色々と手間がかかるものだという事は覚えておく必要があるでしょう。その時の気持ちだけで作るのではなく、今後のメンテナンスのしやすさであったり、リフォームの事なども考慮に入れて計画をする事をおすすめします。

注文住宅を選ぶためにはしっかりと相談を

注文住宅を買う際に大事なことがあります。それは、たくさんの人に相談するということです。自分一人で注文住宅を決めてしまうとどうしても、客観的に見ることができないので、後悔してしまう可能性があります。後悔しないためにはやはり多くの人に相談することが大事です。まずは、家族に相談していったほうが良いでしょう。家族ならば自分のことをよく分かっているので、注文住宅に対しても細かい話ができると思います。
そして意見を求めていったら、素直に答えてくれるので、そういったことを注文住宅に生かしていけばいいのです。それから、注文住宅のメーカーの社員に話を聞いてもらったほうが良いでしょう。注文住宅のメーカーの社員はやはりプロなので、どのような話や要望も聞いてくれます。そして、それに対して適切な答えを出していくのがプロなのです。だから遠慮することなく、どんどん自分の意見を聞いてもらうことが大事です。そうしたほうが、自分のことをわかってもらえると思います。
このように自分一人で注文住宅を決めていくのではなくて、多くの人に相談してから決めていったほうが良いでしょう。そうしていったほうが、良い注文住宅が選べると思います。

注文住宅は希望どおりの住まいを手に入れられる

注文住宅を選択するメリットは、希望通りの住まいを手に入れられやすいという点です。希望を施工業者に伝えることで、できるだけその通りに施工してくれることになっています。しかし、その分、費用はかかります。多少の費用はかかっても思い通りの家を建てたいという人には最適な選択肢です。
また、最近は注文住宅が人気となってきていることもあり、それを得意とした施工業者も増えてきています。そのため、施工業者選びも自由です。これまでの実績の高さなどから選択することをお勧めします。通常、施工業者のホームページにこれまでの施工例などが画像付きで掲載されているので、そちらを参考にするといいかもしれません。様々な施工例を見ることができます。
それから、最近とても人気があるのは、西洋風の家です。実際に西洋で使われている材料を取り寄せて作ることも多く、見た目だけではなく質感も西洋風にすることができます。特に女性に希望者が多くなっています。子どもの頃に絵本などで見た記憶から、西洋風の家に憧れを持つ人が多いからです。
注意点としては、いろいろと要望を出してしまうことで収集がつかなくなってしまうことです。全てを叶えてしまうとなると、相当な費用がかかってしまいます。もちろん、建築の法に基づいた状態で作ることになるので、その点も念頭に置いておく必要があります。じっくりと業者と話し合い、譲れない条件を明確にすることが大切です。

自分に合った注文住宅の種類とは?

住宅購入を検討すると、様々な住宅の種類があることに気づきます。こだわりがあるなら注文住宅、既に完成されている建売住宅、年数は経っているけれど価格が魅力的な中古住宅…全てを視野に入れると延々と迷っていられそうです。どの住宅にも、メリットとデメリットがあります。意外と気づかないような点について、ご紹介します。
まずは注文住宅です。こだわりが詰まった、新しいお家に住めるというのは、なんとも嬉しいことですよね。ですが、自分のこだわりを伝えるためには、建設会社と打ち合わせを重ねなければなりません。こんな所の色まで?なんて思う部分も、打ち合わせが必要です。自分が建てたい年齢までに、それを建設会社に伝え終えることができるのかという点を考えると、早め早めに建設会社へ相談することをお勧めします。
次に、建売住宅です。建売住宅は、注文住宅のように打ち合わせを何度もする必要がありません。完成しているので、あとは販売会社と契約を結び、各手続きを行うだけです。しかし、慌てて契約をすると、見落としていた不便な部分が見えてくるかもしれません。自分の家族の暮らしに合った間取りや設備になっているかをよく確認しましょう。
最後に、中古住宅です。どんなに気に入った住宅でも、年数が経っている設備はしっかり確認が必要です。将来的にリフォームが必要な部分も出てくることでしょう。そういった点の資金面も考えて購入するのが良いでしょう。

recent article

家の設計図

10年目になったら工事など検討

住宅の様々な箇所は、長く利用すれば老朽化が生じる傾向があります。当然、それに伴って様々な不具合なども生じてしまう訳です。そして、トイレなどもその1つになります。座面などがズレ…

read more
リビングダイニング

注文住宅をどのように決めていくか

注文住宅を買いたいけれども、どのように決めていけば良いのかわからないという人は多いでしょう。やはり注文住宅はたくさんの選択肢があるので、どのようにしていいのかわからないというのは納得…

read more
室内の様子

注文住宅は先々の事も考えて行う

多くの家の購入をお考えになっている方にとって、注文住宅は魅力的だと言えるのではないでしょうか。注文住宅であれば自分の好きな間取り、外観や内装を実現可能という事ではりきって計画をする人…

read more

update contents